めっき加工

  1. ホーム
  2. めっき加工
  3. 技術
  4. 亜鉛合金めっき

亜鉛合金めっき

亜鉛めっきは、鉄鋼材料の防食として最も代表的な表面処理で、自動車や建材、建設機械など身の回りの様々な場面で使用されています。亜鉛は鉄よりもイオン化傾向が高いため、亜鉛めっき被膜が素材の鉄よりも先に腐食する(錆びる)ことで素材を守っています。(犠牲防食と呼ばれています。)

しかしながら、亜鉛の腐食が進行してしまうと犠牲防食の効果が薄れ、素材の腐食が進行してしまいます。

エタノール添加ガソリンなど水分を多く含む燃料や酸性雨、塩水、融雪剤などの付着は腐食反応を促進し、鉄鋼材料の寿命を短くしてしまいます。

当社ではニッケルやスズとの合金めっき、また下地に無電解ニッケルめっきを付与した2層めっきなどにより従来の亜鉛めっきよりも高い耐食性を実現しており、すでに多くの自動車、建材メーカーに実績があります。

  • 犠牲防食被膜の場合

    素地まで到達するキズが付くと…

    皮膜(亜鉛)が、先に溶けるので鉄が溶けない。(錆が発生しない。)