めっき加工

  1. ホーム
  2. めっき加工
  3. 技術
  4. 硬質クロムめっき

硬質クロムめっき

硬質クロムめっき(工業用クロムめっき)とは、膜厚2μ以上・硬さHV750以上のクロムめっき皮膜の総称です。特に、膜厚が薄い場合にはフラッシュクロムめっきとも呼ばれています。めっき条件によってはHV1,000以上の硬度、耐摩耗性、潤滑性などの機械的特性を同時に得ることもでき、この様な特徴から、自動車、機械工業、航空機など様々な産業分野で広く用いられています。当社でも様々な分野の小物から大物まで、また1個から100万個を超える大小様々なロットまで対応しております。めっき厚みに関しても最大2mmまでの実績があります。

精密硬質クロムめっき:ミクロンクロム

寸法精度の厳しい自動車部品等に対して、必要な箇所にのみミクロンオーダーの膜厚制御で硬質クロムめっきを行います。ガソリンエンジン用燃料噴出装置やポンプ部品等様々な用途に実績があります。試作開発から量産まで対応しております。

大型部品への硬質クロムめっき

関東随一の大型そうで様々な大型部品への硬質クロムめっきに対応しています。処理可能な最大サイズは3,500 x 2,000 x 4,000mmで、裁断機のベースや樹皮ロール、長尺ロッドなど様々な形状の部品に対して多くの実績があります。また、鋳物やステライドなど特殊素材への加工にも実績がありますので、ぜひご相談ください。

RC:シリンダーリサイクル

過酷な環境で使用され損傷した建設機械のシリンダーロッドの再生を行っています。傷や打痕の修理、曲りの修正、再めっきを経て新品と同等の品質を提供しています。リサイクルシステム確立による原価低減にお役に立てるよう取り組んでいます。