めっき加工

  1. ホーム
  2. めっき加工
  3. 素材(樹脂)
  4. 複合材・その他特殊樹脂

複合材・その他特殊樹脂

樹脂内に金属微粒子を分散させた高比重の樹脂やFRP、CFRP、カーボンなどの特殊素材に対してもめっき加工が可能です。自動車、航空宇宙用途から玩具まで様々な実績があります。 装飾性から機能性まで用途に合わせた様々なめっき処理が可能です。

FRPへのめっき

繊維強化プラスチック(FRP)は、樹脂に繊維を複合させて強度を向上させた素材です。基材となる樹脂の種類や複合させる材料によって様々な特性を得ることができます。カーボンを複合させたCFRPやガラス繊維を複合させたGFRPは航空宇宙産業や自動車産業で応用されています。CFRPやGFRPにめっきを施すことで、さらなる機能と付加価値を提供します。

カーボン繊維へのめっき

カーボンナノチューブに代表される炭素材料は導電性、耐薬品性、電気伝導性、軽量などの優れた機能を有しています。炭素材料はそのままでは扱いにくい材料ですが、めっき処理を施すことで金属との接合性や耐摩耗性、機械的強度などを向上させることができ、様々な分野への展開が期待されます。

ウレタン成形品、光造形樹脂

ウレタン成型品や光造形樹脂へのめっき工程を確立しています。金型を必要としないため短いリードタイムと低コストでデザインや形状の妥当性評価が可能です。自動車、家電、医療器など様々な分野のニーズにお応えしています。