めっき加工

  1. ホーム
  2. めっき加工
  3. 素材(樹脂)
  4. エンプラ・スーパーエンプラ

エンプラ・スーパーエンプラ

エンジニアリングプラスチック(エンプラ)およびスーパーエンプラは、耐熱性、耐薬品性、機械的特性に優れた樹脂素材の総称です。具体的には100℃以上の耐熱性、49.0MPa以上の引張り強度、2.4GPa以上の曲げ弾性率を有する樹脂と定義されています。特に耐熱性が150℃以上の樹脂はスーパーエンプラと呼ばれています。

これらのエンプラは化学的な安定性にも優れているため一般的な工程ではめっきを行うことができないため用途が限られていました。当社ではこれらの素材に対しても安定した品質を得られるめっき工程を確立しており、既に多くの納入実績があります。

めっき実績のあるエンプラ・スーパーエンプラの一覧表

  結晶性樹脂 非結晶性樹脂
エンプラ ポリアミド(PA:ナイロン)
ポリアセタール(POM)
ポリエチレンテレフタレート(PET)
ポリカーボネート(PC)
スーパーエンプラ ポリフェニルサルファイド(PPS)
ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)
液晶ポリマー(LCP)
熱可塑性ポリイミド(PI)

電磁波シールドめっき

航空機や自動車などに使用される電子部品の筐体やカバーに電磁波シールド特性を付与します。過酷な環境でも劣化の少ないエンプラ・スーパーエンプラを用いることで高い信頼性を得ることができます。

金属部品の代替、軽量化

軽くて強度の高いエンプラ・スーパーエンプラは金属部品の代替品としても注目されています。さらに、めっきを行うことで導電性や放熱性を向上させることもできます。