めっき加工

  1. ホーム
  2. めっき加工
  3. 素材(金属)

金属

様々な鉄素材(鋳物、溶製材、特殊ステンレスなど)、非鉄素材へのめっきが可能です。使用される用途や目的に応じて、硬度、耐摩耗性、耐食性、電気伝導性など様々な機能を付与することができます。自動車や建設機械、電車、建材など我々の生活を支えているあらゆる場所で使われています。当社では硬質クロムめっき、無電解ニッケルめっき、亜鉛合金めっきを初めとして様々なめっき加工を提供しています。

鉄材

一般的な鉄材(SPCCやS45Cなど)は安価で加工性も良いため、自動車部品や構造部品として用いられていますが、求められる特性に対して耐食性や硬度が課題になることがあります。当社では鉄材の特性を向上させることができる様々なめっき技術を提供しています。
代表的なものとしては耐食性を高めるための亜鉛合金めっきや無電解ニッケルめっき、硬度を高めるための硬質クロムめっきなどを行っています。

鋳物

鋳造で製造された鉄製品を鋳物とよんでいます。鋳物の特徴としては設計の自由度が高い、大型部品の加工も容易、材料の利用効率が高く再利用も可能といった点が挙げられます。しかしながら、鋳物にめっきする際には多くの課題があり、対応できるめっき業者は限られています。当社は様々な鋳物部品に対しての硬質クロムめっきに関して多くの加工実績とノウハウを有しており一品ものから量産品まで対応しています。

ステンレス・特殊鉄合金

一般的な鉄材以外に、SUS304やSUS430といったステンレスやインコネル、コバール、インバーなどの特殊鉄合金へのめっきにも対応しています。量産では硬質クロムめっきや無電解ニッケルめっきに多くの実績があります。銀や白金、金めっき等の試作にも対応しております。

焼結金属・MIM

焼結金属やMIM(金属粉末射出成型)は“材料の混合”、“成形”、“焼成”といったシンプルな工程で金属部品を成形する手法です。材料の組成自由度が高く、また切削加工に比べて生産性に優れています。
素材に表面処理を施すことで、耐食性や耐摩耗性を向上させることができます。産業機械や自動車部品などに実績があります。

その他・非鉄金属

銅、アルミニウム、チタン、タングステン、モリブデンなど非鉄金属上へのめっきにも対応しています。開発や試作段階からお手伝いいたします。