めっき加工

  1. ホーム
  2. めっき加工
  3. 産業分野
  4. 光学・医療

光学・医療

光学や医療分野においても様々な表面処理が活躍しています。長期間にわたり正確な動作を求められる機械部品へのニッケルめっきや光の反射を制御するめっき、抗菌・制菌作用のある抗菌めっき、電磁波による誤作動を防ぐための電磁波シールドめっき、各種センサーや電子部品向けの部分めっきなど医療を直接または間接的に支えています。

電磁波シールドめっき

医療機器や通信機器の発達に伴い、機器同士の無線通信や管理が日常的に行われるようになっています。また、携帯電話やスマートフォン、ウエアラブル端末などもあらゆるところにあふれています。こういった機器 から発生する電磁波は電子機器の誤作動やノイズの原因となり、医療機器にとってはこの誤作動が致命的な問題につながりかねません。このような問題を未然に防ぐためには、電磁波を出さない、電磁波を入れないことが必要となります。電磁波シールドはこの電磁波の問題を解決する有効な手段です。すでに管理機器やモバイルモニター、テスターなどに使用されています。

黒色めっき

反射防止や光選択吸収が可能な黒色めっきです。金属や樹脂材料へはもちろんのこと、ガラスやセラミックス上へのめっきも可能です。特にガラス上へのめっき処理ではめっき表面、裏面どちら側から見ても黒色に見える両面黒色めっきを開発しています。

センサー・電子部品へのめっき

クラス1,000のクリーンルームとイエロールームを完備しており、セラミックスやガラスなどで構成される基板や部品に対してのめっき試作に対応しています。フォトリソグラフィーを使用したパターンの形成や部分めっきにも対応しています。詳細に関しては弊社研究開発部までお問い合わせください。