金属熱処理

  1. ホーム
  2. 金属熱処理

金属熱処理

浸炭焼入処理

鋼部品を雰囲気ガス中で加熱し、その雰囲気ガス成分の温度・濃度・手法により炭素を鋼材の表面より浸入させて表面硬化させる金属熱処理法です。

無酸化焼入処理

含有炭素量0.3%以上の鋼部品を加熱炉にて加熱保持後、油冷却等により急冷を行い部品を表面硬化させ耐摩耗性と靱性を向上させる金属熱処理です。

低歪熱処理(ソフトヒズミック)

鋼は加熱温度が高い程、膨張変形、寸法変化を起こし、焼入変態により寸法変化を起こします。そこで加熱温度を出来るだけ低温化させ、熱処理変形を少なくしました。

ガス酸軟窒化処理

ガス窒化とホモ処理を複合した熱処理にて最表面に四酸化鉄の酸化被膜を形成させることにより、摺動摩耗対策に優れ、変形・歪の少ない表面硬化法となります。

高濃度浸炭処理

歯車の耐摩耗性・耐ピッチング性の向上させ、表面硬さ850HV以上、生地硬さも800HVで、歯面に微細なセメンタイト(炭化物)を析出させる熱処理技術法です。

高周波焼入処理

高周波誘導加熱を利用した代表的な熱処理となります。特徴として、 部分的な熱処理が可能で、耐摩耗性・疲れ強さ・靱性の向上を目的とした熱処理法として広く活用されています。